埼玉県桶川市のインプラントと審美歯科 | いのうえ歯科クリニック
HOME>院長ブログ

審美歯科

桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ

 昨日夕方のニュース番組で「歯科用金属」「中国製技工物」について放送されました。私はこの事がやっとおもてに出てきたのだな、と思いました。この件は色々なことが絡んでいて難しい問題だと思います。いのうえ歯科では海外製技工物は使用しておりません。義歯の中で金属を使用しない入れ歯があるのですが、その材料は最近まで日本未認可でした。そのときには「中国で作ってきます」とセールスにきた技工所がありましたが、一切お断りしました。私がそう考えたのは、当時すでに中国製の野菜に使用してはいけない農薬が含まれていたという事件があったため、目の届かない海外での技工物に不安があったからです。いのうえ歯科での考え方、「患者様を家族と思って」という考えだとありえない選択肢だったのです。
 金属は溶解性というものがあります。溶けていくということです。ピアスをされた方に「シルバーだとアレルギーが出るけどもチタンやセラミックなら大丈夫」という方がいらっしゃいます。あまりいい金属は溶け出したときにそういう反応が出やすくなります。お口の中に入った金属は唾液が存在しますので溶解性はさらに強くなります。良くない金属が何年・何十年と入っていると・・・。そう考えると、使用する材料をしっかり吟味したほうがいいと思います。いのうえ歯科では一見すると患者様には見えないところかもしれませんが、そういうところにも気を使うようにしておりますのでご安心を。



投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)