埼玉県桶川市のインプラントと審美歯科 | いのうえ歯科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

本日は患者様に「インプラントを入れる時期」について説明させていただきました。
インプラントは確かにご自分の歯と同じように噛むことが出来ます。今までブリッジや入れ歯を使用していた方からすれば、とても効率の良いリハビリテーションとなります。たが、本日の患者様のお口の中には、ゆれてきてしまっているご自分のブリッジに違和感がでてきてしまっています。このブリッジをそのままにしておくと、インプラントを入れるための骨の量が減ってしまい、インプラント処置が難しくなってしまいます。骨が少なくなってしまっても骨を増やす方法(サイナスリフトやオンレーグラフト、ソケットリフトなど)を使えばインプラントは可能ではありますが、なるべくならそんな処置をせずにシンプルに簡単にインプラントを入れたほうが患者様はきっと楽に違いありません。ただ、だからといって現在の歯を抜いてしまうのは絶対にもったいない!と思うのです。ですので、本日の患者様には「メインテナンスをしっかりと行なう」ということを説明し、本当に「あ、あの時やっておけばよかった」と言うことのないように今後も管理をさせていただきたいとお話しました。やはり、予防処置をしっかりと行い、早期発見・早期治療を施す。という事が一番なのは絶対だと思います。



投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

3月27日を向かえ、いのうえ歯科は「4周年」を迎えることが出来ました。
少しでも地域の患者様のためになればと色々試行錯誤の末、行なってきた当院ですが、今があるのも患者様のおかげ、スタッフのおかげだと思いますし、大変感謝いたしております。ありがとうございます。スタッフよりわたくし院長へプレゼントもいただきまして大変うれしく思っております。本当に本当にありがとうございます。これからもいのうえ歯科は成長し、スタッフ・患者様・地域に貢献できる病院作りが出来たらと思いますので、よろしくお願いいたします!


投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

先日、友人の結婚式がありました。いつもの仲間の中での結婚式はおそらく最後になるだろうとのことでした。最後なので大変な騒ぎになるかと思いきや、昔に比べればおとなしい感じで無事に終了しました。年なのですね・・・・(笑)。私たちは卒業後13年目を迎えています。歯科医としては、バイタリティもあり、情熱あり、技術も成熟しつつある、とてもおもしろい時期に達してきている年代だと思います。全国各地に散らばって、それぞれの思いで歯科医業を行なっている仲間とつどうことで、重要な情報交換ができ、歯科医業のことだけでなく、人生を過ごしていく上で大切なものをもらうことが出来た1日でした。・・・飲みすぎたのは、大誤算でしたが(笑)。
結婚おめでとう!お幸せに!!



投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

今日はこんなことがありました。

受付  :院長、電話です。
わたし :はい、内容は?
受付  :抜いた歯を何本かくださいとおっしゃっています。北海道の大学だそうです。
わたし :???、あやしい・・・・。

こんなやり取りの後、私は電話をかわりました。すると・・・。【右下へ】


【PR】
桶川市のインプラント・審美についてはいのうえ歯科にご相談ください。
 ■インプラントの注意
 ■インプラントの費用について
 ■審美歯科の治療法
 ■審美歯科の費用について
投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

インプラントの本数について。インプラントは失ってしまった歯の代わりとなる、現在の歯科治療の中では一番効果的に咬合力を再生させることの出来るものだと思います。使用する本数は、1本欠損したら1本インプラントというのが有効であった時代もありますが、現在はそうではなくなってきています。インプラントは長期的に安定することも実証されてきた現在、多く欠損した場合でも数本だけのインプラントを使用し、連結固定することによって強固に固定する方法が有効である場合があります。よく患者様に説明するのが、「3本の矢」のたとえです。1本よりは2本、3本を連結すると強いということです。この考えで行なえば、欠損した歯の本数が多くても、数本で強い咬合力が再生できます。いのうえ歯科ではこの方法で長期的に安定したインプラント治療を行なっております。
投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)