埼玉県桶川市のインプラントと審美歯科 | いのうえ歯科クリニック
HOME>院長ブログ

院長ブログ

桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

先日患者さんから病院の写真をとってから編集して、面白いものを作っていただきました。もうすでに数枚いただいております。あまりの出来のよさにスタッフ一同感心しております。この写真、この患者さんが治療が終わった後に「ちょっとちょっと、」と、とっていただいたものです。写真の質、編集の仕方。只者じゃないですよね(笑)。いつもいつもありがとうございます。



【PR】
桶川市のインプラント・審美についてはいのうえ歯科にご相談ください。
 ■インプラントの注意
 ■インプラントの費用について
 ■審美歯科の治療法
 ■審美歯科の費用について

投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

いのうえ歯科は夏休み中の小学生までの子達に「紙コップ、当たりが出たらプレゼント」キャンペーンを行なっております(笑)。ボタンをぽんと押すと紙コップが出る機械、わかりますか?その機械に当たりの紙コップを混ぜてありますので、来院されたお子さんに押してもらいます。そしてあたりが出たら・・・!何がもらえるかはお楽しみに。8月いっぱいまでのキャンペーンですので、ぜひ気になることがあったり、メインテナンスの時期の方などはいのうえ歯科にいらしてください!

【PR】
桶川市のインプラント・審美についてはいのうえ歯科にご相談ください。
 ■インプラントの注意
 ■インプラントの費用について
 ■審美歯科の治療法
 ■審美歯科の費用について

投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

最近は患者様から、「インプラントってどうなの?インプラントっていくらなの?」とたくさんお声をいただくようになったと思います。やっぱり気になるものは値段、ついで予後どのくらい持つものなのか?という所が多いと感じます。いのうえ歯科では、まず値段については、ここのホームページにも乗せてありますが、明瞭に記載されています。と、言いたい所ですが、患者様によってはわかりづらいところがあると思います。それは患者さん個人個人によって、どのような装置をどのように使用していくかで料金に差が出てくる場合があります。いのうえ歯科では「見積もり・相談をする時間」をしっかりととるように心がけております。見積書を作成し、動画を用いてインプラントってどんなものか~値段はどのくらいかかるのか、保障はどうなるのか(10年保証はつけています)など、じっくりと説明させていただくようにしております。最近インターネットにて「インプラント1本○○円!!」なんてページが増えていますが、実際の口を見てみないと、骨が少なくてオプションの骨造成が必要だった、メインテナンスはインプラントのみで、他の歯との調和を無視している場合(保険が利かず、インプラントの部分のみしかメインテナンスしませんとの話も聞きました)など、やはりインターネット上のみではすべて把握するのは患者さんには難しいと思います。
 いのうえ歯科では「予防」から派生した診療スタイルですので、トータルケアが基本です。その上での見積もり、保障をじっくりと患者さんと話し合った上でのインプラント処置(インプラントのみではないですが)を心がけております。

投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

今回はスタッフと一緒に「インプラントについて」のセミナーに行ってまいりました。
場所は立川市。東京だからと思っていたのですが、桶川からだと結構遠かったですね。立川市にははじめていってきたのですが、とても栄えている街で圧倒されました。楽しそうなお店もいっぱいだったのですが、セミナー開始30分前に現地入り。一番乗りでした。今回のセミナーはスタッフ、歯科衛生士向けのものでしたので、参加者50名ほどのなかでドクターは私を含め4人ほどでした。講師は歯科衛生士の方々5名で、スタンダードなことから術後の管理、メインテナンスと多岐にわたった内容で、とても充実したものでした。今回いのうえ歯科では、「滅菌システムの徹底」というテーマのもとスタッフと参加させていただいたのですが、十分に満足のいく結果が得られたと感じることが出来ました。今後の診療にすぐに役立つセミナーでした。ありがとうございました。

投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ
桶川市インプラント・審美、いのうえ歯科のブログ担当井上です。

先日受けた講演会は「ブラキシズム最前線」というタイトルのものでした。演者は「馬場一美先生、加藤隆史先生」です。ブラキシズムとは、簡単に言うと「歯ぎしり・くいしばり」のことです。なんだ、そんなことか。と思った方、要注意です。最近私はブラキシズムについて患者様にご説明することが多くなっています。患者さんは気づいていないけれども、ブラキシズムによってのトラブルに見舞われていることが多いと私は思っています。今回の講演は500名もの人たちが集まったものでした。主催者側でも話していましたが、「こんなに反響があって、こんな人数になるとは想定外でした。」とのことです。それほど、歯医者の方々はブラキシズムについて考え、悩み、対応に追われているということです。500名の先生方は、この講演会で答えを求めてきていたのですが、ブラキシズムについては結局は「治療」は現在の医学では難しいとの見解でした。ブラキシズムをするのはなぜか?ということは、なぜ人間は眠るのか?と同じようなことではないでしょうか。ということです。ただ、治すというよりは、保護する・予防する。という対応が今のところ一番で、ブラキシズムとうまく付き合っていくのが最善なのだろうとのことでした。
 わたしもブラキシズムを行なっている患者の一人、「ブラキサー」であります。ブラキシズムをコントロールするために数多くのスプリント(歯ぎしり防止装置)を使用しています。そうですね・・・、かれこれ20近くは製作したと思います。以下の写真は、今現在わたしの使用しているスプリントです。写真左側、「穴」が開いているのがわかりますか?硬いプラスチックがこのようになります。これがなかったら歯はどうなっていくのでしょうか・・・。


投稿者 いのうえ歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)